大学選び体験談――東大法学部

はじめに

大学選びの基準は人それぞれ。自分に合った基準って何だろう。先輩たちはどうやって選んだのかな。
そんな風に悩む高校生のために、大学を選ぶときに考えたことや、実際に大学に入ってから思うことを現役大学生に語ってもらいました。第一回の今回はFindUメンバーの一人、シュウの大学選びを紹介します。

幼いころから東大を目指し、法律家に憧れていたシュウ。念願叶って東大法学部に進学しましたが、そこでの生活は想像とは違うものでした。後悔も多いというシュウの大学選びはどんなものだったのでしょうか?

インタビュアー
インタビュアー

今日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。
後悔していること、全部話します!

シュウ
シュウ

シュウのプロフィール

在籍大学:東京大学法学部第2類(法律プロフェッション・コース)
学年:4年生
課外活動:合唱サークル
出身高校:千葉県の公立高校
第一志望:東京大学文科Ⅰ類(法学部)
もっと知りたい方はこちら

第一志望を東大に決めた理由

インタビュアー
インタビュアー

さっそく質問です。第一志望を東大に決めた理由はなんですか?

小学校の時から親とか同級生とかに「東大、東大」と言われていて、自分は東大を目指すのが当然だと思っていました。小学校の卒アルに同級生に「東大で頑張れ」って書かれたこともありました…もはや刷り込みですね(笑)高校生になっても、周囲の友人にも東大志望はいましたし、模試等でも良い成績をとれていたので、幼いころからの東大志望が揺らぐことはありませんでした。正直、レベルで選んだって感じです。

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

なるほど…。幼いころから東大目指してまっしぐら!って感じだったんですね。

第一志望を法学部に決めた理由

インタビュアー
インタビュアー

では、次の質問です。第一志望の学部を法学部にしたのはなぜですか?

小学校の公民の授業で習った憲法に惹かれて法律に興味を持ちました。自分の生きている社会の基礎を形作り、憲法に書かれている内容が国という大きなものを動かしているんだと思うと、それを学ぶことがかっこいいなと思ったんですよね。 また小さいころから好きだった推理小説や経済小説を通じて、将来は法律家になって世の中をよくしたいと漠然と思っていましたし、そのために法学部で学び、やがては司法試験に合格したいと考えていました。

シュウ
シュウ

実際の大学生活

インタビュアー
インタビュアー

司法試験を視野に入れつつ東大法学部に進学したわけですが、期待通りの大学生活を送れていますか?

正直、実際に東大法学部に入ってみると想像とは違っていました…。

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

そうなんですね…。実際の大学生活について詳しく教えてください。

まず法学部の講義の難しさが予想以上でした。東大法学部の講義は、司法試験の突破よりも学問としての法律そのものを深めていくものです。司法試験の勉強は、実際に法律を使っていろんな問題の法的解決を図る力を付けるための勉強だけど、学問としての法律の勉強は社会の仕組みや問題そのものについて考えたり、様々な学説や法律の制定背景を考えていくもので、現実社会に適応することを目指す司法試験の勉強とは少し違うんです。司法試験用のテキストを使って法律を勉強していた自分にとって、授業内容はある意味深すぎて、なかなか理解することができませんでした…。

その事に加えて、 東大法学部の講義の大半は、600人以上入る大教室で教授が学生に向けて一方的に話す伝統的講義スタイルです。おまけにいつも教室はガラガラで全くモチベーションが上がらず、何のために大学まで往復3時間かけて通っているのかわからなくなりました(笑)

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

なるほど。たしかにシュウさんの希望とは違った環境ですね…。
そんな中でも楽しく思えることってありましたか?

少人数の授業などで、実際に法律を使う事例を学んだり、外部の専門家やゼミ生と熱い議論を交わしたりすることもありました。そういう授業は楽しかったです。でも、講義の難しさのほうが上回ってました。しかも、法学部ライフは”砂漠”と揶揄されるように、華やかな大学生活とはあまりにかけ離れていました。

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

…ということは、東大法学部はシュウさんには合ってなかったのでしょうか…?

自分の目標と東大法学部のスタイルがマッチしていなかったように思います。
法学部を通じて、半年に一回の膨大な試験範囲となる定期試験を乗り切ることに精いっぱいで、法律の勉強=定期試験を乗り切るための勉強 となってしまい、法律の勉強が苦痛になってしまいました。
そもそも単純な憧れで東大法学部を目指しましたが、いざこの環境で法律を学んでみると辛いことの方が多くて、もっと真剣に情報収集をして先のことまで考えておけばよかったなと思います

シュウ
シュウ

大学選択を振り返って

インタビュアー
インタビュアー

大学生活4年目の今、高校時代の大学選びを振り返って後悔とかありますか?

なんのために大学に行くのか、ということを明確にした上で大学を選ぶべきだったと思います。高校生のときは一応司法試験を意識していたとはいえ、小学生のときから東大に行くものだと思っていたので、なぜ大学に行くのか、なぜ東大なのか、ということはあまり考えていませんでした。

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

幼いころのイメージや思い込みで決めてしまったことを悔やんでるんですね。

大学にいく理由やその大学を選ぶ理由を明確にするためには、大学のことを知る必要があります。高校時代に東大法学部で学ぶ内容をきちんと知っていたら、「本当に法律を学びたいのか」「東大での学びは自分に合っているのか」など自分を見つめ直すきっかけとなり、ただイメージや思い込みで選ぶことはなかったと思います。
大学生活は本当に短いので、自分の将来を考えてなんのために行動するのかということを早くから意識しておくことは必要だったと思うんです。

シュウ
シュウ

高校生へのアドバイス

インタビュアー
インタビュアー

最後に、これから大学選びをする高校生にアドバイスをお願いします。

大学受験は多くの人にとって、自分自身と本気で向き合う初めての機会になるのではないかと思います。今までは小学校、中学校、高校とある程度決まった道(=レール)の上を歩いたはずです。でも、大学から先は本当にいろいろな形があり、どこに進むべきか、どんな道を進むべきか自分で選ばないといけません。そもそも大学に進むべきなのかも重大な問題です。
そこで、“決断することの重みと難しさ”をしっかりと感じてもらいたいと思います。人生において決断をする初めての機会として、大学選びをおろそかにせず正面から向き合ってほしいなと思います。
もちろん先のことを正確に見通すことはできません。決断して進んだらもう後戻りはできませんから、後に後悔することもあるでしょう。ですが何も考えずに決断して、後々後悔することは本当にもったいないと思いませんか。
見栄やプライドで作った自分、自信のなさからありえた可能性を捨ててしまった自分ではなく、ありのままの自分にしっかりと向き合ってみてください
みなさんの本気の決断を応援しています。

シュウ
シュウ
インタビュアー
インタビュアー

自分と向き合って丁寧に決断することが大切だということですね。
今回はシュウさん自身のことから大学の雰囲気まで赤裸々に語ってくださって、ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA