“設計”とオケと、両方リア充。(1)

建築にオーケストラにとあくせく打ち込む、ごくごくふつうの東大リケジョの生活に迫ります!今回はオーケストラ編。

テレビに出ることもパンフレットに載ることもない、ごくごくふつうのキャンパスライフを送る大学生の日々の生活にスポットをあてるFindUスチューデント・ポートレイト。第1回の今回は建築にオーケストラにとあくせく打ち込む東大リケジョの生活に迫る。「高校までと割とおんなじ生活だよ」と話す彼女は、院試への勉強とオーケストラの部活の地方公演の合間をぬって、FindUのインタビューに答えてくれた。今回はその前編。(文:はやし)

ふみふみのプロフィール

大学:東京大学
学部/学科:工学部建築学科
学年:4年生
部活/サークル:東京大学音楽部管弦楽団(東大オケ)
バイト:ホールスタッフ
その他の活動:院試に向けての試験勉強
住まい:友だちとルームシェア

ハイレベルな部活の仲間

中学・高校とオーケストラ部に入っていたふみふみは、東大に入るとそれほど迷わずに東大オケに入部した。高校生のときにその部活の地方公演をみていた彼女にとって、そこに入って自分もバイオリンを演奏することがもともとの憧れだったのだ。しかしいざ入ってみて周りのレベルの高さに彼女は驚く。「わりとバイオリンに限ったはなしではあるのですが、小さい頃にバイオリンをはじめていた子もそれなりにいて、中学からはじめた私は自主練とかしないと追いつかなかったんです」。そして、部活自体も1週間のうち2回を本郷キャンパス、1回を駒場キャンパスで練習するという厳しいスケジュールだったのだが、彼女はそれよりもっとバイオリン漬けの日々を送ることになった。ただそのかいもあってか、3年半たった今では、演奏の中身やともに多くの時間を過ごす部活の人たちとの関係はとても充実したものとなった。実際、初心者を受け入れる体制が整っている楽器も多く、楽器経験の有無/長さにかかわらずみんな楽しい時間を過ごすことができているという。遊びに行ったりご飯を食べたりと、今でも日々の人間関係の中心は、東大オケの仲間たちだ。

練習している場所はこんなところ。@本郷キャンパス

地元で公演を企画する

そんな彼女には、忘れられない思い出があるのだという。「東大オケでは執行代になると、自分の地元で定期公演を開くことができます。立候補して他の地方出身の同期との競争に勝ったり、演奏できるホールを確保したり、駅前で宣伝のビラをまいたり、重い楽器をどうやってホールまで運ぶかを考えたり…いろいろやらなければいけないことは多くて大変だったのですが、高校生のときにひとりの観客としてみていた演奏を、自分が中心となって企画/運営して、それが実際にできあがったときの達成感と感動は忘れられません」。そう、部活に入って得られたものは、楽器のスキルや友人関係だけではなくて、何かをいちから作り上げたというかけがえのない経験だったのだ。

地方公演では全国各地を旅行することができる。写真はこのインタビューの翌日からはじまる札幌公演を終えた彼女が食べた、すすきの名物の「夜パフェ」。

ふみふみのスチューデント・ポートレイト、工学部建築学科編に続きます!その他にも東大に入るまでの「大学選び体験談」もみっちりときいてきたので近々そちらもお届けします〜!お楽しみに!


PickUp!! 本郷と駒場。三田と日吉。同じ一つの大学なのにいろいろなキャンパスに通わないといけないってどういうこと?

大学と中学/高校の大きな違いの一つは、授業や部活をする場所が一箇所ではないということです。インタビューの中でふみふみは部活の練習場所の関係で本郷にも駒場にも通っているといっていましたが、本郷と駒場は電車で40~50分もかかるくらい離れた場所にあるのです!どういうときにどちらのキャンパスに行くのか、いろいろなキャンパスにまたがって通学しなければならないことでどんな苦労が生まれるのか、「大学生のキャンパス事情」をテーマにした大学生座談会は近日公開予定です!

PickUp!! 執行代ってなに??大学の部活は最上級生が部長になるわけではない?!

中学/高校の部活は誰が部長になりますか??3年生が引退した後の最上級生となった2年生ですよね。でも、大学の部活やサークルは必ずしもそうではないのです。4年生もまだサークルにいるのに2年生が部長になったり、全学年が揃わないサークルによっては、4年生が2年生に引き継ぎをしたりするみたい。他にも部長とは別に「パ長」や「オリ長」など名前をみただけではよくわからない役職もたくさん!「クラスや部活/サークルにはどんな役割があるんだろう??」というテーマでの大学生座談会も近日公開予定です。乞うご期待あれ。

PickUp!! 部活やサークルでやったことがその後の就職とかにも役立つってほんと??

大学を卒業したあと、多くの人たちは遅かれ早かれ就職をすることになります。その就職を勝ち取るための「就活」では部活やサークルで何をやったかが大事になることもあるとかないとか。ちょっと先のはなしにはなってしまいますが、「部活/サークルと就職活動」についてのインタビュー記事もいずれ公開していければと思っています。お楽しみに!

PickUp!! 東京大学音楽部管弦楽団(東大オケ)

実際の公演風景。

ふみふみの所属していた東大オケはOBも多数いる伝統あるオーケストラ部で、ウィーンフィルやN響のような著名な交響楽団からからコーチがやってくることもあるそうだ。ただ一つの「東京大学公認オーケストラ」として入学式や卒業式での演奏も行っており、北海道から九州まで全国各地で定期公演を行うだけでなく、サントリーホールやオペラシティのようなとても大きな会場で演奏したりすることもしばしば。詳しくはhttp://ut-orch.com/をチェックしてみよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA