ICU生になるまで(2)

いまはICU教養学部に進んで充実した大学生活を送っているちひろ。でも実際にICUに入学するまでにはけっこうな紆余曲折があったみたい。彼女は何を考えどのような経緯で進路選択をしていったのでしょうか。後編は受験期と浪人期。

大学選びの基準は人それぞれ。自分に合った基準って何だろう。先輩たちはどうやって選んだのかな。そんなふうに悩む高校生のために、大学を選ぶときに考えたことや、実際に大学に入ってから感じたことを大学生に話してもらうFindU大学選び体験談。東大法学部へ進んだシュウ・東大工学部に進んだふみふみの進路選択にフォーカスした第1回/第2回に引き続いて、第3回の大学選び体験談では以前に現在のキャンパスライフを語ってくれたらいちがどのようにしてICUに入学することになったのかを2日にわたって聞いていきます。(文:はやし)

らいちのプロフィール

大学:国際基督教大学(ICU)
学部学科:教養学部アーツ・サイエンス学科
学年:3年生
出身高校:首都圏の公立高校
部活/委員会:バレエ(学校外)
第一志望:京都大学文学部

試験会場の雰囲気が違った!

:現役生のころは主に自宅で勉強されていたんですよね。いざ受験するとなったときには京都大学のほかにどこを受験したのですか?

:ICUや早稲田大学を受験しました。受けたときのそれぞれの試験会場の雰囲気の違いがとても印象的だったんです!

:ICUの試験会場の雰囲気がとてもよかったということ?

:はい!休憩時間に「身体がこらないようにノビをしてみましょう」と試験官のひとが呼びかけてくれたりとか、なんというかこれからの仲間を迎え入れようとしているあたたかな感じを強く受けて。これは入ってみてわかったことですが、ほかにも試験会場で同じような体験をした友だちもけっこういましたし、在学生として入試を手伝うバイトをした際にも同じようなあたたかな印象を受けました。

:そのあたたかな印象というのは大学の大きさに由来していたりもするんですかね?

:そうかもしれないですね。結局そのときは京都大学に合格できなくて浪人することになったのですが、試験会場で感じたICUのアットホームな印象というのはとても心に残りました。

浪人してから大学生になるということ

:浪人をしてもう1年大学受験のためにがんばるという決断は躊躇なくできましたか?

:京都大学に行くつもりだったのでそこは迷わず浪人し、そのことは親にもわかってもらえました。

:高校3年生の現役生だった頃と1年間浪人をして大学を目指している頃ではなにか勉強の仕方やこころがけたことに違いはありましたか?

:勉強をする場所が変わったことでマインドセットも変わったという感じです。浪人することを決めてからは、通っていた高校のOBがやっている高校近くのとても小さな塾で勉強することになりました。その塾の先生が、必ず抑えなければいけないことはなんであるのかをメリハリをつけて教えてくれたことがとてもよかったです。一見簡単そうに思えてもとにかく基礎/足場を固めることが大切であるという考え方や要素要素を切り分けて1つずつ抑えていけば目標にたどりつけるという方法論を体得できたことは大学入学以降の現在に至るまでの生活に広く役立っていると思います。

:なるほど…!浪人生活を通して、高校生のときとは違う考え方や方法論を身につけることができたんですね。

:はい!高校生までは朝から夕方にかけてある定められた一つの時間割の中で動くような生活であったかと思うのですが、浪人時代に通っていた塾が昼過ぎから授業が組まれていたために今まで自分の生活にはなかった「空白の時間」ができて、「どうして私は大学に行くのだろう?」とか少し自分自身に距離をおいていろいろなことを考えることができたことはとても大きかったです。実際に入学してから一見華やかな留学プログラムにすぐに飛びついたりしなかったのも、「まずは基礎となる授業を固めることを優先しよう」とメリハリをつけた自身のキャンパスライフをつくっていくことができたのも、私にとってはたぶん浪人してから大学生になれたからはじめてできたことなのだと思います。

:きれいごとではなくより実際的なレベルで、浪人したからこそ充実した大学生活を送ることができた、ということですね!!

学歴評価よりも独自性

:浪人時代に受験したのは結局京都大学とICUだけだったんでしたっけ?

:はい。京都大学は落ちてしまいましたが、受ける予定だった大学のスケジュール上一番最初に受験と合格発表のあったICUには合格できました。ICUに受かった段階で早稲田大学などのほかに受験する予定だった私立大学は全てキャンセルしました。

:それだけ聞くとなかなか思いきった決断ですね。

:おそらく家族としてはもっと学歴上の評価が高いとされるところに行ってほしかったみたいだったのですが、ICUにはほかの大学とは置き換えのきかない独自性を感じましたし、現役時代に受験会場で感じたアットホームなこの大学の雰囲気に自分も入ってみたいなと思えたことが大きかったです。

:なるほど!ちなみにICUのどんなところに独自性を感じたのですか?

:規模の大きな大学になるとどのような教育理念を掲げていたとしても結局学生の意識の持ち方というのはピンキリにならざるをえないと思うのですが、大学の人数規模の小さなICUでは、学生の質というか、そういうものがしっかりと担保されているんじゃないだろうかとは思っていました。「少人数」や「ディスカッション」を多くうたっているホームページからも「たくさんの学生に対して一人の教授が大教室で講義をする」のではないような雰囲気を感じていました。

:そのICUに感じた“少人数ゆえの質の高さ”というのは実際に入ってみてその通りだったなと思いますか?

:そう思います。多かれ少なかれみんながフランクに勉強へのモチベーションを持っていて、「マジメに取り組むことが敬遠される」ような空気感はないです。少人数ゆえに教授との距離感もとても近いですし。あと、ほかの大学の友だちと話していて「よかったな〜」と感じるのは、「取りたくない授業だけど必修だから受けなきゃいけない」とか「興味のある授業だけど単位としては認められない」ということがICUでは圧倒的に少ない、ということです。そういったカリキュラムの面でもこの大学に入ってとてもよかったなと思っています!


Pick Up!! 大学の大きさ

今回のらいちさんの進路選択にはICUが小さな規模の大学であるということが大きく影響していました。大学の規模の大きさというのは、本当にバラバラです。どれくらいバラバラなのか、規模の大きな大学のよさ、規模の小さな大学のよさはそれぞれどんなところにあるのか、実際のデータを示しながら解説した「解説!大学のしくみ 大学の大きさってどれくらい?」についても近日公開予定です。

Pick Up!! 単位として認められる

高校までの授業で「授業を受けたのに成績に反映されていない!」ということはまずなかったかと思います。しかし、大学ではどれだけいいレポートを出したとしてもそれが自分の成績に反映されないということはざらにあります。それってつまりどういうことなのでしょう?大学の授業の受け方を解説した「解説!大学のしくみ 単位認定とはなんぞや」についても近日公開予定です。お楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA