私が慶應文学部に決めるまで

大学生が高校時代をふり返って自分の大学選びを語る「大学選び体験談」。今回は慶應義塾大学文学部のさっちが大学選びの体験を語ります。

さっちのプロフィール

高校:首都圏公立高校(高校受験)
高校時代の部活:ダンス部
志望大学:早慶どちらかの文学部
今通っている大学:慶應義塾大学文学部国文学専攻

高校1年生

なんとなく大学を意識

厳しかった高校受験が終わり、無事第一志望の高校に入学できたのも束の間。塾の先生に「次は大学受験だね~~」とさらっと言われたことをきっかけに、なんとなく大学のことを考え始めました。

幼いころから読書が大好きだったので、「小説とかを勉強できる学部=文学部」というイメージでなんとなく文学部を志望。高校受験のときに両親から「できることなら公立に行って!!」と言われていたのでその感覚のまま、この時点ではなんとなく国立を志望。塾の先生が「東大目指しておけば?」にまたしてもさらっと言われたので、なんとなく東大志望。全部なんとなくでした。

高校は学校を選べば良いだけでした(数理とか家政とか国際とか専門がある高校もあるけど、私は考えていなかったので…)が、大学は大学選び+学部選びなので、選択肢が多すぎてなにがなんやら、というのが正直な感想です。

勉強はしといた

なんとなくとは言え東大を目指すということで、勉強は頑張ってました。部活のあとはほぼ毎日塾に行き、国語数学英語を自習&授業で勉強してましたね。今ふり返ると我ながら偉くてビックリです。笑

「東大」という日本で一番の大学を目標に置いたことで気が引き締まり、日々の勉強も頑張れたんだと思います。

高校2年生

東大から早慶

高校2年生の春になり、私はダンス部の部長に。部活がすっごく楽しくて、高校1年生のときほど勉強できなくなりました。

当時の私は「東大を目指す=毎日勉強しなきゃダメ!」と思い込んでいたので、勉強時間が確保出来なくなった時点で東大は断念して、私立に変更

それまでは東大を目指していたわけだし偏差値が高いところが良いなと漠然と思ったので、早稲田か慶應を目指すことにしました。早慶はぶっちゃけ同じだと思っていたので、どっちに行きたいか、ということは最後まで決まってません。大学生になって「早慶」は決して同じではなく、様々な面で違いがあると分かったので、このとき深く考えなかったことはちょっと後悔しています。

文学部で本当にいいの?

また、学部についてもちょっと揺れました。「文学部って就活に不利なんじゃない…?」という噂を耳にして、不安になっちゃったんです。友だちに誘われて行ったオープンキャンパスで早稲田の商学部の模擬授業を受けたりして、他の学部で学ぶことにも興味が出てきたのも理由の一つ。でも結局どの学部も決め手に欠ける気がして悩んでいたとき、当時現役で文学部で学んでいた塾の非常勤の先生がアドバイスをくれました。

大学は勉強できる最後の場所。好きなことを思いっきり勉強して、就職は別で考えれば良いんじゃない?

文学部で学んでいた塾の先生の言葉

眼から鱗が落ちました。「将来のために偏差値の高い高校に行く」という気持ちで高校を選び、それと同じ気持ちで大学や学部も選んでいた私には、大学とその先の就職等を切り離す考え方が新鮮だったんです。たしかに私には就きたい仕事も特に決まってなかったし、就職のため、という選び方は違うかも、と気づきました。

そのため、高2の冬に「早慶の文学部を目指す」ということを決めました。

高校3年生

高3になってからは志望校はぶれてません。模試の結果が悪かったり、過去問で点数が取れなかったり、上手く行かないことはあったけど、目標を下げることはありませんでした。より難しい大学を目指していれば学力も伸びる!と思っていたんです。

また、文学部に行きたいという気持ちも揺るぎませんでした。高2の段階で他学部とも比べた上で選んでいたことが大きいと思います。

まとめ

私の場合大学は偏差値で選びましたが、学部についてはかなり悩みました。

すごく単純に選んだ大学でしたが、偏差値の高い大学を選んだことは、受験勉強や日々の勉強のモチベーションに繋がったので結果的には良かったと思っています。学部についてはしっかり悩んだ上で、好きな事を学ぶ決めたので、高1で「なんとなく」目指していたままより、後悔のない選択ができました

大学選びは本当に人それぞれ。他の大学生はどうだったのかは別の記事で紹介しているのでぜひ比べてみてくださいね!

当時の選択や考えをふり返って、大学4年生の今どう思うかということは後編の記事でお話します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA