大学生がよく言ってる「空きコマ」ってなに??


こんにちは!かとしゅんです。

今日は、大学生がよく言いがちな、「空きコマ」について書いていこうと思います。

空きコマって?

「空きコマ」ってそもそもなんでしょうか?

「空きコマ」とは、時間割で授業が入っていない時限を指します。「コマ」とは時限のことです。

これは2年生の一番授業がなかったときの、私のスカスカな時間割です。赤〇のところが、「空きコマ」ですね!

大学の授業は、大抵の高校までの授業と違って、数多ある授業の中から自分で受けたいものを選んで受講します。

時間帯によっては自分の取りたい授業がない時があります。

「次の時間は授業だから大学には居ないといけないけど、この時間は授業ないからヒマ…」

そういった時間を「空きコマ」と呼ぶのですね。

空きコマには何をしているの?

大学生は「空きコマ」をどう使っているのでしょうか?

いくつか例を見てみましょう。

①友達とおしゃべりする

前の時間に一緒に授業を受けていた友達とおしゃべりします。

ご飯を食べながら、課題をこなしながら、散歩をしながら。

ゆったりと楽しい時間を過ごしましょう。

②次の時間の課題をこなす

次の時間に英語の小テストがある…

そんな時は、「空きコマ」を使いましょう。

大学には図書館を始めとした勉強スペースがたくさんあるので、集中して課題に取り組むことが出来ます。

③近くの街へ出かける

次の授業まで数時間空くならば、思い切って電車に乗って出かけてしまうのも手です。

定期圏内であれば、なおさら良いですよね!

近くの街へ行って、ランチを食べたり、ショッピングをしたり、映画を観に行きましょう。

④サークル活動

運動部に所属しているならば筋トレをしたり、自主トレをしたりすることが出来ます。

また、文化系のサークルでも、部室で部員とおしゃべりしたり、サークル活動の準備をしたり…

特に発表や試合、期限などが迫っていると、忙しくなるので「空きコマ」をみんな使いますね。

⑤寝る

昨日遅くまで遊びすぎた… 課題を遅くまでやっていた…

そんな睡眠不足の時は、思い切って寝ます(笑)

キャンパスが広い大学ならば、芝生の上で寝転がって寝ている人をたまに見かけます。

しっかり睡眠を取ると、次の授業に集中できますよ!

以上が代表的な空きコマの過ごし方です。

大学生の数だけ、空きコマの過ごし方はあります。

明日以降、「空きコマの過ごし方」という記事をアップロードしていきますので、そちらも併せてどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA