公務員試験 勉強編

公務員って???

巷でよく「公務員は安定している」と言われることから、今も大学生に人気である進路、公務員。確かに公務員はクビが原則無かったり、給料も順当に昇給していくため、人気である理由もうなづけます。しかし、公務員とは何でしょうか。

以前公務員についての概要を説明させていただきました!では、今回は公務員試験の勉強の仕方等について説明ship遺体と思います!(公務員についての概要の記事はこちらからhttps://find–u.com/2019/12/10/公務員試験って%ef%bc%9f%ef%bc%9f%ef%bc%9f/

公務員試験 科目数(おさらい)

以前の記事でも説明させていただきましたが、県庁や大きな市の役所の試験科目数は、約16科目です。これは高校や大学受験の比ではありません。科目も国数英理社だけでなく、法律や経済学などの幅広いものです。

ここまでの説明を聞くと、誰もが絶望を抱くかと思います。しかしご安心を。内容自体はあまり難しくありません!!!

例題 判断推理

公務員試験の中には「数的処理」という科目があります。一見、数学をイメージしてしまいますが、これは簡単に言えば、数字を用いた推理です。

確立や速さを求める「数的推理」、情報を元に答えを推理する「判断推理」、そして数字的資料を正しく解釈する「資料解釈」。これらを総称して「数的処理」と言います。数的処理を制する者は公務員試験を制すと言われるくらい、この科目は公務員試験の中で特に重要な科目となります。では、実際に問題を解いてみましょう!問題は個人的に一番好きだった「判断推理」から!

~例題 判断推理~ (2003年、法務教官)

9個の指輪があり、1個だけが本物で、残りの8個が偽物であることが分かっている。また、外見で本物と偽物の差はないが、重さは本物が少しだけ重いということも分かっている。
このとき、上皿天秤を用いて、本物を確実に見つけ出すためには、最低何回量る必要があるか。
ただし、偽物の重さはすべて等しいとする。

  1. 1回
  2. 2回
  3. 3回
  4. 4回
  5. 5回

気になる答えは???????

答え:2

???なぜ?と思う方も多いと思うので解説!!

まず9個の指輪を3個ずつ3等分し、それぞれをA、B、Cとおきます。

そして、AとBを上皿天秤にのせます。

1.AとBが同じ重さであり、釣り合った場合

本物はCの中にあるため、Cの3個のうちの2個を天秤に乗せます。 そして、重かった方が本物、または同じ重さなら乗せなかった1個が本物です。 したがって、2回量る必要があります。

2.AとBのどちらかが重い場合

重かった方が本物であるため、重かった方の3個のうちの2個を天秤に乗せます。そして、重かった方が本物、または同じ重さなら乗せなかった1個が本物です。したがって、2回量る必要があります。よって、正解は肢2ということになります。

いかがでしたでしょうか。解説を見て、決して解けない問題ではないと思われたと思います。もしわからなくても、「数的処理」には解き方の法則が必ずあります。それは、問題をひたすら解いていけば見えてきます。なので諦めず、わかるまでひたすら解き続けることをオススメします。法則性が見えた時の快感は忘れられません。

https://www.lec-jp.com/koumuin/about/try.html 問題、解説はこちらから参照)

勉強時間 勉強法

まず、私はトータル900時間勉強に費やしました。正直、これだけでは私にとっては足りないくらいでした。なぜならば、1科目に充てられる時間が少なかったから。私は決して天才ではなく、頭があまり良くなかったため、とにかく量が必要でした。時間がすべてではありませんが、公務員試験の受験者の平均勉強時間は1000~1500時間と言われています。時間をかけるに越したことはありませんね。

では肝心の勉強法ですが、これといってありません!!ただ、問題をひたすら繰り返す。本当にこれだけです。特にこれが効くのは生物や歴史といった暗記科目、そして数的処理です。上でも説明しましたが、数的処理はパターンさえ理解できれば、応用問題でも解くことができます。その問題を100%理解できるまで繰り返し問題を解きましょう!

法律系科目ですが、法学部生以外の場合、本当に手の付けられない、難しい科目となります。なので、法律系科目を始めるなら、必ず憲法からにしましょう。理由は、簡単で範囲が狭いからです。そして、ほかの分野でもある行政法にも憲法で出た事例が出るため、ほかのカバーもしやすいです。

公務員試験頑張って!!!

公務員試験は、学歴は関係ないため、点数さえ取れれば筆記試験は合格できます。いわば大学受験の延長線上です。大学受験を頑張れた者は、頑張れた結果があるのでまた頑張れると思います。逆に私のように大学受験を頑張ることができなかった者も、ここがプライドの見せ場です。ここで頑張れなかったら自分のプライドは壊され人格が破綻すると思ってひたすら勉強しました。それくらいの執念があれば大丈夫です。最後まで頑張れます。誰もが平等にがんばれ、競い合える。それが公務員試験です。この記事をよんでくれた皆様が無事、筆記試験を突破することを心から祈ります。私は皆様の味方です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA