部活と勉強

こんにちは!かとしゅんです。

今回は、Highschoolということで、自分の部活体験、そして勉強との両立について話していこうと思います。

バスケ部としての生活

自分は高校生の頃、バスケットボール部に所属し、副部長を務めていました。

人数の多い部活で、一学年20人程の部員が在籍しており、後輩や女子も含めると優に50人を超える大きな組織でした。人数が多いためにグループが出来てしまい、まとめるのが大変だった覚えがあります。自分は色んな人・グループの「橋渡し役」になろうと心がけていました。

自分は、体力とボールハンドリング(ボールの扱い)に自信がなかったので、朝練習・昼練習をそれぞれ1時間ずつ行い、個人メニューをこなしていました。

1日何もしないでいると体が動かなくなってしまうので、休みの日にもランニングを行っていました。

なので、高校生活の中で、かなり部活に時間を割いていたと思います。

「スキマ」時間の活用

では勉強との両立はどうしていたのか??

まずは、「スキマ」時間を有効活用することです。

自分は電車通学していたので、通学時間は単語帳を広げて、小テストに備えて勉強していました。受験期には、歩きながらイヤホンでリスニングの音源を聴いていました。

細かな30分の積み重ねが、3年間もあれば大きな差になるのです。

学校で習ったことはその日のうちに

学校で習ったことは、学校で完結させることです。

授業は、眠くても必死に起きて、真面目に聴いていました。

学校の授業があっての塾・予備校・参考書です。それらは、あくまで補助的に使うものだと思います。

また、よく学校の授業で睡魔に襲われてうとうとしている人がいるのですが、それならばいっそ寝てしまった方が良いと思います(笑)「寝る」か「起きる」、はっきりしましょう。

そして、学校で出た課題は学校の休み時間や下校前に終わらせていました。

時間が経つと、思い出すのに時間がかかります。家に帰る前に片づけてしまった方が、集中できてはかどるでしょう。

これらのことを自分は意識していたと思います。

「アタリマエ」を当たり前に

こう見ると当たり前のことが多いなと思います。ただ、当たり前のことが出来ていない人が多いのです。登下校中にスマホゲームをやりすぎてしまう…。課題をやるのを後回しにしてしまう…。授業を真面目に聴いていない…。

あなたはそんな様になっていませんか??

「高い目標を目指したい!」と思う方は、自分の生活サイクルや習慣から見直してはいかがでしょうか??

部活も勉強も、小さなことから積み重ねていくことが、大きな結果を結ぶと思いますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA