「みんなと同じ」の時間割がない。
「みんなと同じ」の勉強法がない。
 
この学科とあの学科はこんなにも違う。
このサークルとあのサークルはあんなにも違う。
 
この友達とあの友達は
これほどまでにみている世界が異なる。
この先輩とあの先輩は
あれほどまでに卒業後の進路が異なる。
 
大学生になって初めてわかったことだが、
高校のときには想像もしていなかったことだが、
ほんとうにみんながそれぞれに違った
キャンパスライフを送るようになる。
 
大学生として生活するということは、
大学生になろうとすることは、
実は「無難」や「正解」が心もとない、
そんな不安を抱えながら生きていくということだ。
 
――――――――――――
 
誰もが自分にあった進路選択をできる世界を作りたい。
カジュアルに、フランクに、
自分の「これから」を考えられる未来を作りたい。
 
いろいろな情報が日々行き交う時代を、
確かな未来なんて見通せない時代を、
多様な生き方や考え方を持った人たちが
溢れているようにみえる時代を、
自分なりのポリシーを持って生きていくことは
実はとても難しい。
 
ただ、
自分にあった情報に接することができれば、
自分にあった人に出会うことができれば、
あなた自身の選択にあなた自身が納得して
次に進むことができるのだと思う。
 
一般論の情報ではなく、
正論におおわれたアドバイスでもなく。
独りよがりな激励ではなく、
お高くとまった励ましでもなく。
 
あなた自身に引きつけた情報を。
あなた自身に引きつけたアドバイスを。
 
あなたの「これから」につながる進路情報を伝える。
あなたの「これから」に近しい人たちのはなしを届ける。

FindUは、高校生が自身の「これから」をイメージできるような空間をつくっていきます。